北京見聞録

留学・就業記・・の後 京劇ブログに移行予定(^^)

北京旅日記(3)~平安里

もう荷物を持ったまま、地下鉄に乗るのが煩わしかったので、
向かいの塞特(サイトク)ショッピングセンターへ渡って、
タクシーを拾って平安里のホテルへと向かいました。
タクシーの運転手さんとの会話の中でわかったんですが、
中国語のことを華語(ホワユィ)ともいうんですね。
そして、支払いは今みんな携帯で支払うようになってて、「現金で」とお願いすると少し面倒くさそう・・


建国門のオモテ的な雰囲気と違い、タクシーの中から見る平安里周辺は
道両側に植わった木と平屋の建物が建ち並び、友人たちは「わぁ~、雰囲気めっちゃいい!自分ではたどりつけない!」と感動してました。
私もここは夜に京劇を見に来たことしかなく、明るい時に来るのは初めて。


この辺りは、古き良き北京の雰 囲気が残る一角です。
地元の人が子供を自転車に乗せて通勤する姿や、お年寄りが玄関に縁台を出して
将棋を指す姿などがほほまえましい。

人民劇場も近いし京劇俳優さんに会えるかも~♪ってワクワクしてたんですけど、
     本当に普通に会えます(;・∀・)

       ホテル向かいの人民劇場

さすがに劉錚(リウ・ジョン)には会えなかったですけども、
男役の長い髭を引っかけ、立ち廻りで使う槍を担いで自転車に乗ってる男の子
を見たし、連れのYちゃんも「さっきお店でジュース買ってたら、京劇の赤いメイクした人が何か買っててビックリした!」って。
         
少し歩くとリウ・ジョンの所属している国家京劇院の看板もっ! 感動。。

         

         第一回優秀武劇 実演 (アクション部門発表会・・的な?)   
                         
何はともあれ、やっとチェックイン。
宿泊先の北京護国寺賓館は写真で見るよりギュッと小さく、ホテルのロビーにはインコや九官鳥など鳥ちゃんがお客様をお出迎え。

そして階段や廊下、レストランなど、到る所に歴代の著名な京劇俳優の写真が
飾られ、鳥好き・京劇好きの私にとってはまさにうってつけの宿泊先でした。

ちなみにこの護国寺賓館、従業員募集してましたよ。「京劇愛好者優遇」って。
お給料は5000元くらいでした☆彡


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。