北京見聞録

留学・就業記・・の後 京劇ブログに移行予定(^^)

香港風インテリア 2


「香港 インテリア」で検索したら出てた画像の数々・・なんて可愛いの!
住宅事情が悪いので一部屋に二段ベッドを入れて家族一緒に寝てるというのは聞いたことはあるけどこんな感じなんですね。

 

でも日本の長屋で川の字で寝るよりはこちらの方がまだいいかも?
カーテンとか引いたら多少プライバシー空間も作れるだろうし。
床がタイルっていうのがなんとも大陸的。



これは香港を舞台にした「香港の夜」という日本映画らしい。
「花様年華」のアパートと雰囲気似てますね。

 

その他、香港ではないけどそれっぽい色彩のインテリア。

 

これはちょっと現代的でツルピカしてますけど赤い壁紙を部分的に使ってるのが効果的。

映画にも出てきたファイヤーキングの食器。

レプリカでいいから部屋にあったら雰囲気出るかも。

次、中国に行ったらこんなポットも買ってこよう。


香港風インテリア

部屋の模様替えが好きで、壁紙などは自分で張り替えたりするんですが、いまいち方向性が定まらず・・(北欧風とかフレンチ風とか)
ずっと迷走してました。
そんな中でやっぱり素敵だな~と思うのが、香港映画「花様年華」の背景に
なっている色彩と濃密な雰囲気の世界。     

          

キーになる色はやはり赤、そして薄い緑。壁紙も無地でなく柄物。
古い日本のアパートでどこまで再現できるか分からないけれど。。

  

それにしてもこの映画の世界、本当に素敵。 挿入歌も切なくて・・(´_`。)

サントラまで持ってました(笑) 
何度も見返したくなる映画です。
 




2019年6月の京劇公演

新しい年が明けました。今年のテーマは「続ける」です!
京劇も去年から始めたバレエも、そしてクラシックギターも引き続き継続して行きたいと思います(^^)
たとえ浅い学びでも続けることがいちばん大事だと思ってるので(><)


さて、今年は上海京劇団の日本公演があります。
演目は「西遊記」

主演と監督は「厳慶谷 yan qinggu」(イエン・チングー)さん。

京劇の役柄は武丑(アクションのできる道化役)


この方、昔にサントリーのウーロン茶のCMに出られたことあるんです!
コレ、覚えてる! 



サントリー 烏龍茶 CM 1993年
厳さんは日本留学経験があり日本語も堪能。しかも日本の伝統芸能にも興味があり、
狂言も演じるそうです。すごいわ。
ちなみに70年生まれの独身ですって \( ̄▽ ̄;)/ ワーイ?