北京見聞録

留学・就業記・・の後 京劇ブログに移行予定(^^)

春休みの南方旅行 2 ~柳州~

桂林の後で北京に戻るはずだったのに、
シューリンの実家で春節を過ごすことになり、柳州へと向かいました。

         

実家へ行く途中、シューリンは爆竹を買ってました。
北京ではすでに禁止になっているけど、まだ地方では春節に爆竹を鳴らす
らしいんです。


小綺麗なマンションに彼女のお父さんやお兄さん家族が住んでいて、ご挨拶
をしました。 私たちは何のお土産も持っていってないのに、たらふく
ご馳走になってしまい、申し訳ない。甘いものでも買っていけばよかったわ。


奥さん達はお料理をせず会話に興じ、お婿さん達が料理する光景が中国なら
では。 *一般的に中国では男性の方が料理を作ることが多い


そしてさすがに住宅街では爆竹を使えないとのことで、車で彼女が子供の頃に
住んでいたという家まで行きました。


旧居はワラ葺きで土壁の味わいのある元農家。
市街地から少し離れた郊外にあり、周囲は草むらでここなら思いっきり
爆竹を鳴らせるというワケです。
しかし人生初の爆竹体験は音がデカく、煙もいっぱいでちょっと怖かったです。

       

   実際のシューリンの家ではないがこんな感じ


ところで現地の言葉は北京語ではありません。
ご家族同士は現地の言葉で話すのでまったく聞き取れないのですが、
私たちに会話をふる時はもちろん北京語にきりかえてくれます。


シューリンのお父さんはご高齢でしたが私たちに北京語で話しくれ、
ご家族的にはそれが、かなりツボに入ったみたいで、
「ちょっと聞いて!お父さんが普通話(プートンホァ)使ってるよ!」( ゚∀゚)
と皆笑ってました。        *普通話=北京語のこと


どんな感じなんでしょうね。 日本は一つの言語しかないから彼女たちが
ウケていたその感覚がわからない。


そして、春節を過ごしても北京にはすぐ帰らず、シューリンの職場がある
南寧(ナンニン)まで行くことになったのです。

        

この地方で食べた馬蹄(マーティー)という百合根っぽい食材 激ウマ


*この時は疲れてるのもあって、正直早く北京に戻りたい・・なんて思って
たのですが、今から思うと中国の人が過ごすリアル春節を体験させてもらえ、
貴重な経験したな~とシューリンに感謝してます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。