北京見聞録

留学・就業記・・の後 京劇ブログに移行予定(^^)

新しい教室へ

11月の半ばに何くれと世話してくれた何氷が故郷に帰ることになり、
今日で教室最後という日にマックでお茶した後、
「がんばるのよ~」って抱きしめてくれました。13歳も年下なのに
しっかりしてたわ。(´;ω;`)ウッ…。
私たちが仲良くなったのも、お互い北京ではよそ者という事もあり
どこか寂しかったからだと思います。
その後も何氷は手紙をよこしてくれ、私が日本に帰ってからも何年かは
文通が続いたのでした。


ともあれ、彼女が去ってからは寂しくなります。
最初に担当してくれた優しい先生も忙しく、代理の若い先生が教える
ことが多くなってきました。

それでも頑張って通っていたけど、ある時教室に行くといきなり教室が
閉鎖されていてかなり面食らいました。
一応、張り紙があり、目と鼻の先に移転したとのこと。事前に連絡くれて
もいいのに~とスネながら、新しい場所の教室にも何回か顔を出すけども、
一向に上手くならないし、だんだん「追いつけない感」が募ってくる。

もう少し丁寧に教えてくれる場所がないだろうか・・。


そう思い始めたある日、2人連れの男の子がお試しレッスンにやって来ました。

そのうちの一人の男の子が日系のホテルに勤めてるということもあり、
私のことを日本人と聞いてか、
「ここは今いちだと思う。他に良い教室があるので、良ければ僕らと一緒に
そっちで習わない?」と誘ってくれたのです!

なんという渡りに船!


後日3人で待ち合わせして、その新しい教室へ行きました。


新しい教室の先生は江蘇省出身の人で方言があり、聞き取るのはタ
イヘンでしたが、教え方は上手な人でした。 
ほぼマンツーマンの授業で2003年の年明けから約半年通いました。

        皆で鍋タイム♪

王府井の教室で静物画はうまくならなかったけど、ここでなんとか上達できた
かな~と思ってます(/ ̄ー ̄)

        


王府井の美術培訓(2)

私は石膏デッサンから始め、その後は皆より少し遅れて静物コースへ。
不透明水彩(ガッシュ)で描くのだが、絵の具は先生が私の為にわざわざ
先に用意して下さっていた(こっちの人ほんと優しい)!


今度は高校生たちが私の為に不透明水彩の使い方をレクチャーしてくれました。

こちらのパレットは日本のと少し形状が違って、深めの格子状になっている。

                           

そのマスの中に絵の具をチューブ1本、ほぼ豪快に出しきり、水で少し薄めて
使うのです。

幼い頃から習っている子も多いので、

「絵の具は単色では使わず、三色くらい混ぜるんだよ」
「構図は三角形を意識して取ると安定するのよ」といろいろアドバイスを
くれます。


みな北京の子だったが、一人、黒龍江省から短期集中?みたいな感じで

来てる女の子がいて、なんとなくその彼女(何氷 /フービン)といつも一緒に
いました。そして彼女がいてくれたお影で授業にもついて行けたのです<(_ _*)>


先生に(中国語で)
「ここはもっとこう描いて・・・・・ハオマ?(いいですか?)」、
と言われて分かったふりすることなんてしょっちゅう。

いちいち聞き返して授業を中断させられないし、そんなことしたら皆に迷惑
がかかる。そんな時はいつも彼女があとで補ってくれたのでした。

本当の留学って現地の生徒と一緒に授業を受けることで、本科生とかそれを
やってるんだものね。


まあ、そんな感じで、
私が特に東四周辺を好きになったのも、この教室に通ったからかもしれない。

教室を終えて、王府井からひとつ東の筋の東四通りに入って北に向かう。
パン屋さんで明日の朝ごはんを買ってから、朝陽北路のバスに乗るまでの
ブラブラ歩き。

東四も朝陽北路もレトロな建物がたくさん有ってなんともいえない雰囲気が
有りました。

王府井の美術培訓(1)

さて、家も見つかり、仕事には行ってるものの、午後からは完全にフリー
である。かといってまた語学スクールに通う気も起こらないし・・、
少なくともあと1年は北京にいるつもりなので何か学びたい。
そんな時ふと目にした絵画教室のチラシが目に入り、
「そうだ、絵をやろう!」と思い立ち、さっそく王府井にある教室へ
見学に行ったのでした。(日本にいる時から絵を描くのが好きで
カルチャーセンターに習いに行ったりしてました)


その教室は高校生がメインですが社会人も受付けてくれるとのこと。
担当の先生は、なかなかのハンサム。過去に東京に2年ほど住んでいらした
とか。


みな、受験に必死だったので、特に私に関心もなかったようだが、
一応家では私のことを話してるみたいで、生徒の親ごさんが教室まで迎えに
くると、「ほらママ、あの人よ、日本の・・」とかヒソヒソ言われて恥ず
かしい思いをしたことも。

父兄の中には日本語のできるお父さんもいて、「(日本には)よく出張に
行くんですよ」とにこやかに話しかけられたこともあった。


授業料は覚えてないが、多分、毎月1000元くらいだったかな?
月~土の朝から夕方まで通い放題でこの安さ!

最初の1クール(2~3週間)は石膏デッサンをひたすら描き、それが終わると、
水彩絵の具で静物を描きます。
モチーフは先生が考え、教室に2~3箇所セットされたのを各自が選び、
窓からの自然光を頼りに1週間で描ききるシステム。

その1週間の間は、モチーフは勿論のこと、イーゼルや椅子も片付ける必要が
ないので、習う側としてはかなり理想的な環境でした。 

          先生と皆でパチリ
こんな形式で開講してる所って日本では美大予備校くらいじゃないかな。
もっとこんな教室が日本にも沢山あればいいのに。。


**培訓(peixun / ペイシュン)**スクールのこと 
   英語培訓とかそばうち培訓なんてのもあります!