北京見聞録

留学・就業記・・の後 京劇ブログに移行予定(^^)

北京旅日記(1)~空港

就業記はしばらくお休み。。
さて3月に北京に行った時は中国国際航空(CA)に乗ったけれど今回は全日空でした。

         関空にて

前回は外国人が必ず書かないといけない入国カードを配ってくれなくて
北京空港についてから慌てたけれども、そこはさすがに日本の会社。
ちゃんとこの黄色いヤツ配ってくれました。

 

でも行きの便に関しては乗務員があまり愛想よくなくて、挨拶もなし。
これだったらCAの乗務員の方が「早(ザオ)!」(=おはようございます)って
全員ちゃんと挨拶してくれたし、よっぽど感じいいやんって思いました。


それでも、機内食はおいしく頂き・・

        

お天気も良く、窓からは機体の翼が見えました。

        

そして入国ゲートは長蛇の列!3月はすいてたのに。
びっくりしながら待ってるとキビキビと立ち働いてるスタッフの男性がいて、
連れと「あの人、感じいいよね~♡」なんて話してたら、その彼が手招きし
て、中国人用の出口でしたけどそっちの列に入れてくれました。

        

スラリと背が高い北京のステキ男性1人目でした
 (今回の旅では計3人おります♡)


そしてゲートを出てから、トラムに乗り、また歩き・・そして最後の出口を出る
と、出迎えの人たちが待っている所へと出ます。
北京空港新しくなったけど、ここからが、パ~っと開け、とっても分かりにくいんです。    

    

空港から東直門へ行く北京地下鉄機場線への乗り場の表示が目立たなくて、
機場線へつながる「歩く歩道」も省エネなのか、動いてるモノと動いてないモノが有って戸惑います。
  ようやく、この地下鉄機場線(略して:机场快线)に到着。

    
この机场快线、乗ってからも分かりにくい。

乗る地点がターミナル3、次の停車がターミナル2、そして三元橋、終点が
東直門で、三か所目の東直門で下りればいいのです。
この東直門から地下鉄へと乗り換えます。


3月に机场快线に乗った時は他の中国人乗客に行先を聞いても、
なんだかそっけなくて、でも今回は切符を買う時から周りの人が親切で、
「そっちの券売機の方がいいよ」って教えてくれる女の子や、
私の連れ3人が電車の中で写真を撮りまくって、スーツケースが
コロコロ転がっても嫌な顔せずそっと差し戻してくれる青年とか、
接する人が優しく、今回の旅は当たりの予感がしました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。