北京見聞録

留学・就業記・・の後 京劇ブログに移行予定(^^)

ついに京劇を習う

 京劇を習い始めました!

  

  写真は国家京劇院の刘铮(リウ・ジョン)♡
といっても大阪にはまだ無いので月に一度、夜行バスに乗り東京まで通ってます。教室自体は月に4回なんですが、シフトと費用等の問題で月に一回のみ。レッスンの見学にも一度行ったので今回で四度目の東京行きでした。 


なぜ、京劇を習うのかというと・・、実は二年前にギターを始めて来月で三年目に突入。そのギターを習うキッカケになったのは秦基博君を大・大・大好きになったからなんです。影響されやすい私(笑)      


ギターを習う前は(アコギって歌いながら弾く楽器やん、私ド音痴なのに・・)って萎縮してしました。 なので先に歌声をなんとかしなきゃって思い、ボイトレのレッスンを受けたりするんですが、どうもしっくりこないしやる気も出ない・・
(もういいや、今いちばんやりたいのはギターなんだからまずはギターを)と思い、今も続ける教室を見つけたのでした。
★結局クラシックギターを選びました。(アコギはおいおいやることに)


クラシックギターは基本弾き語りはあまりしない、だから歌声問題は当面保留にできたのですが、やっぱり練習中は先生に「さ、歌いながら!」とか促されるので、あ~、やっぱり避けて通れないなあ・・(^o^;)」と。


そう思っていた矢先に北京旅行の話。
しかし旅行が何回も先伸ばしになった為、京劇の歌番組を見て北京気分を味わってる内に、(そうだ、どうせボイトレするなら京劇の歌を習いたい。あの独特の高音、抑揚。同じ東洋人だもの、日本人でも訓練すれば出せるハズ!)と思ったのでした。

京劇の歌クラスはちょうど去年開講したばかりとの事。
ギターの習慣も定着したこの今がちょうど良いタイミングだったかなと思います️


最後に秦キュン♡ 

 



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。